Menu

2016年3月24日木曜日

Dividend

株式では配当金を意味します。
近年高配当銘柄が注目を集めていますが、高配当であろうが無配であろうが、株式としての価値は変わらないです。それを証明しているのが、権利落ち日に株価がその分だけ下がるのが理論上正しい価格形成になります。ただ実際の値付けは、需給関係などの影響で理論値に収まらないことがほとんどです。

安定的に配当を出し続けている会社の株価はプレミアムがついているのでしょうか?

近年武田薬品工業は業績の変化にもかかわらず、180円の配当金を出し続けています。配当金の支払いに見合う利益を出しているのであればいいですが、赤字であるのに又キッシュフローがマイナスであるにもかかわらず配当金を出している年があります。(いわゆるたこ足配当)
株価は2007年頃までは長期投資の十分な恩恵を受けられた銘柄でありました。でもそれ以降無理な配当の継続によるものかどうかわかりませんが軟調に推移しているようです。(それでもTOPIXを上回るパフォーマンスを残しています)
さてもうひとつ。花王も安定的に配当を出し続けています。しかもこちらは連続26年配当を増やしています。いわゆる配当貴族株ですね。花王は常にキャッシュフローはプラスで推移しています。株価はここ2,3年高パフォーマンスを維持しています。

こうしてみると配当金は高いにこしたことはありませんが、業績が安定的に伸びていき、それに伴って強いキャッシュフローが伴った高配当が株価には良い結果をもたらしているようです。

アメリカには配当貴族株ETFがあります。ここ2.3年の成績は良くありませんが長期的には保有者に恩恵をもたらすことになるのではないでしょうか。

信じるも信じないもあなた次第だ。
未来はわからない。

2016年3月21日月曜日

Evidence

最近はビジネス用語にもなってきています。私の会社でも知らない間にあちこちで「エビデンス」を流用して業績に貢献させようとしています。(エビデンスの用語を一般的に広めたのは、KAPPAさんだと思います)

下記グラフたちは過去において株式投資の優位性を証明している例です。また、その株式の中でサイズの小さい、割安なそれがより優位性をもっていることがエビデンスとしてあります。これらは偶然の結果だとはとても思えないです。
しかし、いくらこのエビデンスがこれからも継続すると信じても、これから資産運用を始める人たちは、いきなり株式(特に個別株)に全資産を投入することはやめた方がいいと思います。もしそれがうまくいったとしても・・・。

超長期の株式優位性のエビデンス


過去30年の株式優位性のエビデンス













割安株の優位性のエビデンス













サイズの小さい株式優位性のエビデンス



信じるも信じないもあなた次第だ。
未来はわからない。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす~

①株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす~
(ジェレミー・シーゲル) 日経BP社 (2005/11/23)★★★


言わずとも知れた投資書籍の名著です。この世から資本主義システムがなくなるまで、永遠に読み続けられることでしょう。
内容は既にいろんなところで紹介されていますので差し控えますが、この本に書いてあることを信じるも信じないもその人の心にかかっています。

ただ、確実に言えることは、”未来は誰にもわからない”ので、ご自身で判断してから実践していきましょう。
私はシーゲル理論を信じていますので、株式投資をリスク資産運用の軸にしています。
さて、我々の未来はどうなっていることでしょう。

2016年3月20日日曜日

過去のポートフォリオ

2017/03 ポートフォリオ

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

※個人向け国債を一部売却して現金化しました。

日本株
・個別株30銘柄
・Jリバイブ
・大和住銀ニッポン中小型株
・結い2101

外国株
・KXI
・VGK
・POT
・BHP
・VDE
・EXE-iグローバル中小型株式ファンド
・iFAND新興国株式インデックス
・三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
・米国株配当貴族インデックス・オープン
・ひとくふう 先進国株式 ファンド  

国内債
・個人向国債変動10年

外国債
・豪州ゼロクーポン債

D C
・新興国インデックスファンド
・先進国インデックスファンド
・金投資信託


2016/12 ポートフォリオ

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

【アセットクラス明細(ウエイト順)】
日本株 
①個別株30銘柄
②Jリバイブ
③結い2101

外国株 ①KXI
    ②EXE-iグローバル中小型株式ファンド
    ③iFAND新興国株式インデックス
    ④VGK
    ⑤POT
    ⑥BHP
    ⑦VDE
     VWO→売却しました

国内債 ①個人向国債変動10年
外国債 ②豪州ゼロクーポン債
D C   ①新興国インデックスファンド
    ②金投資信託

その他積立
・三井住友・DC全海外株式インデックスファンド →VWO売却の代わりに積立
・AR国内バリュー株式ファンド→国内株ヘッジ用?
・日本株配当貴族インデックス・オープン→シーゲルを信じての積立
・米国株配当貴族インデックス・オープン→シーゲルを信じての積立
・ひとくふう 先進国株式 ファンド→将来海外ETFの代わりになる?と思い積立

2016/09 ポートフォリオ
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

【アセットクラス明細】
下記ファンドを積み立て追加しました
AR国内バリュー株式ファンド(サムライバリュー)→ヘッジ的なファンドで地味であるが良好な成績であるため、しばらく続けるつもりです。
日本株配当貴族インデックス・オープン→シーゲルを信じての積み立てです。
米国株配当貴族インデックス・オープン→シーゲルを信じての積み立てです。
eMAXISプラス コモディティインデックス→インフレヘッジ用に積み立てです。

2016/06 ポートフォリオ
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

【アセットクラス明細】
前期と変わらず

2016/03 ポートフォリオ

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

【アセットクラス明細】
前期と変わらず


2015/12 ポートフォリオ

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

【アセットクラス明細(ウエイト順)】
日本株 ①Jリバイブ
    ②結い2101

外国株 ①KXI
    ②EXE-iグローバル中小型株式ファンド
    ③iFAND新興国株式インデックス
    ④VGK
    ⑤VWO
    ⑥POT
    ⑦BHP
    ⑧VDE

国内債 ①個人向国債変動10年
外国債 ②豪州ゼロクーポン債
DC    ①新興国インデックスファンド
    ②金投資信託

About

Power of Equityについて

管理人aoba0428と申します。ご覧いただきありがとうございます。
簡単にブログの紹介をいたします。
ニックネームaobaは、数十年前通った幼稚園名と生まれた時の季節感、また今住んでいる住宅地名がたまたま同じだったので使用しています。
タイトルについてはそのままの"株式の力”という意味であるが、数年で5倍になった株式に出会って、改めてこの言葉の意味がぴったりくるようになった。しかし、大きめのショックが到来すると、どんなに良いと思った株式でも時価総額(企業価値)が1/2の値段になってしまいます。両方の意味でその力の凄みを感じつつ、そのパワーに伴って起こるさまざまな出来事が資本主義のダイナミズムであり、そこに大きな魅力があると思います。
バイアスやゆがみはいつかは修正(裁定)されるものなのではないでしょうか。
長期的に有効なエビデンスをうまく活用して、ラットレースから抜け出すことを目指したいと思っています。(ラットレースも後半戦になっていますが...)
資本主義経済の中で生活しているので"Equity"を利用しない手はないと思います。
まあこう思うようになったのもここ数年あたり(2015年くらいから)ですが...

職 業 ヒラリーマン兼インベスター

生まれ 前東京オリンピック年の2年前 関西のある地方都市

趣 味 モノの価値算定(本来の価値より割安になっているものを見つけること)
    ポタリング&ウォーキング
     愛車:コルナゴ シクロバイク AR-1 CX 2018
     歩数目標:1日8,888歩
    幸せについて考えること

目 標 生活
    自分が幸せを感じることに時間を100%自由に使えるようになること。
    お金
    サラリーの以外に15万円/月の収入を得ることが当面の目標です。
    (どうして15万円?、2017年時点でそれくらいあれば、人ひとり十分生
    活していくことが可能であると感じたから)
    公的年金制度は実質破綻しています。これからの役人が血眼になって、こ
    ろころと制度変更していきますよ。

お願い 記事の全ては管理人の備忘録の集合体です。大らかなおつきあいをお願い
    いたします。