Menu

2018年4月9日月曜日

車の自動運転はありえない

春の交通安全運動期間に入っていますが、皆様車の運転には十二分に気をつけてくださいね。春は季節の変わり目でボーっとしやすい時期です。それに加えて花粉が飛び交っています。今年はヒノキの花粉が例年以上に飛散しており、私もいつも以上に花粉症状が悪化しています。早く終わってほしいぃ。

今日は花粉の話ではなく、自動運転のはなしです。
米国で事故が起きていますが、結論から言えば表題とおり、車の完全自動運転はありえないと思います。列車でさえ未だ人が運転しているのですから、そちらの完全自動運転が実現されれば、自動車の半自動車運転はありえると思います。
恐らくトヨタの技術者なんかはわかっていると思いますが、それでも時流の技術を開発していかなければならない世界的企業は気の毒だと思います。(その開発費も自動車の価格に含まれていますので、車の保有者も応分に負担しているんですけどね...)

事故が起こったらいったいだれが責任をとって、どんな形で解決されるのでしょうか?
もし部品に不具合があったら、そのリコール費用だけでシートベルトのタカタのように組織次第がなくなってしまうのではないのかな。

また、車の自動運転が実現されると車の魅力がまったくなくなると思います。運転こそ楽しいものではないのでしょうか?私なんか自動運転の車に乗ったら不安でしかたないと思います。
何のための自動運転なんでしょうね。AIやら自動何とかやら、そんなに人件費を削りたいのでしょうかね。この世の中人がいることで成り立っているのではないの...

話は少し飛びますが、TVで、あるデイサービス施設の特集がありました。そこはバリアフリーではなく、バリアバンバンありの施設でした。そこで暮らす高齢者はいきいきとして楽しく過ごしていました。いろいろな機能が回復したとも言っていました。
自動運転と関係がないと思われますが、人間はやはりアナログ的な動物のような気がします。
私が若いころはマイカーを自分でチューニングできました。それが車の面白さでありました。
自分の分からないところで操作、動いている物体って、なにか納得できない私は古い人間なのかな。