Menu

2018年3月3日土曜日

NISAが注目されていますが...

つみたてNISAが今年から始まっていることが起因してか、あらゆるメディアの露出度が上がっていますね。
私もつみたてNISAを選択し、野村つみたて外国株投信を積み立てしています。(すでにかなりの含み損、汗)

盛り上がっているのにこんな話はと思いましたが、あえてしようと思います。
もし明日1000年に一度の金融危機が起こったら...、そしてだらだらと続く株式相場の下落が何年も続くとしたら(10年以上)この制度ってそんなにお得な制度なのかなと思います。毎年含み損が発生します。特定口座なら即損益通算にて処理するところNISAはしても意味がないのです。
株は長期で保有すればかならず儲かるから大丈夫ですという錯覚を覚えます。いままではそうだっただけで、これからは本当にどうなるかはわからないのです。
その辺のところを十分に説明もしないでNISAは有利ですよとあおる宣伝に違和感をもつのは私だけでしょうか。
昨年からiDeCoがサラリーマンでも解禁されました。でもまだ全ての方が対象ではないのです。現に私の勤めているところでは認められないのです。
本来iDeCoの方が圧倒的に有利です。こちらを全面的に推し進めればNISAなど不要のはずです。まあ役人のすることですから、複雑にするのが得意分野でこの分野も複雑怪奇になってきていますね。

すべての事案はシンプルイズが一番良いと思いますが、こと役人の世界は真逆な複雑イズベストなんですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿