Menu

2018年3月31日土曜日

2018/3末 ポートフォリオ


4Q所感
VIXショックと円高をもろに受け、外国株が2%比率ダウンしました。その他は買い増しを行った関係で比率変わらずです。それにしても金の価値が円ベースで上がらないですね。
ニッセイ-げんせん投信を売却しました。なんとなくサラリーマンによる後付投信のにおいがしたため、以前もっているものでよいなと判断し執行しました。やっぱりシンプルはよいですね。
あと日本人が外国株を保有するリスクは高いと思います。米国株安と円高が同時にやってくるアノマリーはここ十数年変わりありません。コンピュータによるアルゴリズム取引(CTA運用)が発達した現在は、国家的変化がないかぎりこのアノマリーは変わらないと思います。でもそこにゆがみがあり、バリューの変化を注視して運用を継続していけば必ず果実を得ることができると信じています。ドルコスト平均法にはもってこいの変動率の激しい資産クラスですね。過去の現象が未来も続くと仮定した話ですが...
働いていれば毎月確実に入ってくるサラリーの有難みがわかるのはこういったマーケットの変調・下落の局面ですね。マンパワーとエクイティパワーの両輪がうまく稼働すれば最強ですね。来年度もマネーという木にドルコストという栄養を与えて育てていきます。

【アセットクラス明細】
日本株
・個別株30銘柄
・Jリバイブ
・結い2101
・SMT JPX日経中小型株インデックス・オープン
 外国株
・KXI
・VGK
・POT
・BHP
・VDE
・EXE-iグローバル中小型株式ファンド
・iFAND新興国株式インデックス
・たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
 国内債
・個人向国債変動10年
 外国債
・豪州ゼロクーポン債
 NISA
・野村つみたて外国株投信
 D C
・新興国インデックスファンド
・先進国インデックスファンド
・金投資信託

0 件のコメント:

コメントを投稿