Menu

2018年2月25日日曜日

確定申告

平昌オリンピック、日本の選手たちが連日大活躍!?して予想以上の盛り上がりを達成しましたね。この大会であらためて日本人の勤勉さが再認識されたと思っています。
パシュート、マススタート(私はこの大会までこの2種目を知らなかった...)、カーリングなどはパワーのあるものが勝負を制すことではないことを証明していますね。年輪のように重なった積み重ねやチームワークが結実すると次元の違う世界へと到達する良い例ではないでしょうか。

さて、今年も確定申告の時期が来ました。私は確定申告を最初にしたのは2004年です。2007年ごろから始まったWEBでの申告ソフトが徐々に進化して、申告手間のハードルが下ったと思います。
税の仕組みを理解するためにサラリーマンも確定申告をすることをお勧めします。
そこでいかに自分がたくさんの税金(社会保険税も含め)を納めているか認識し、義憤を持つべきだと思います。

配当の総合課税、外国税額控除、損益通算、そして所得税と住民税の配当課税を異なる課税方式で申告など申告しないと税金は返ってきません。
サラリーマンは会社が替わって年末調整をしてくれて、納税意識が低い職種で国にとってはカモなんですね、本当に。そんな国にとって完全ストック型収入をもたらしてくれる人を増やしていくことが、役人たちの権利を安定的守っていくことなんです。
ほとんど手間がかからず、収入を得ることができる”サラリーマンシステム”は国によってもたらされたのです。
納税は国民の義務なんていわれていますが、その前にすべての公的機関の効率化を強烈に推し進めれば、社会保険問題は生じなかったのではないのかな~。(早く来い春、いやベーシックインカム)
もう市町村なんで必要ないと思います。出張所で十分なんです。平成の大合併等と大げさに言われましたがどれくらい効率化したんでしょう。民間企業に勤めてる立場からしたら、はあ?って感じです。

サラリーマンの皆様、是非確定申告をして少しでも税システムを理解して役人を監視していきましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿