Menu

2016年10月20日木曜日

ミスターラグビー 平尾 誠二が逝く

2019年に日本でラグビーのワールドカップが開催されることが決まっています。
でも、本当に残念なニュースが入ってきました。あの平尾誠二さんが逝ってしましました。なんたることか!まだ53歳です。私と同学年の有志でだったんです。同志社大学の頃からずーっと見てきまいた。あの華麗なステップはいまでも脳裏に焼き付いています。大八木選手とともに戦っていたころの同志社ラグビーが日本のラグビー界を牽引していました。平尾がいたから今の日本のラグビーが文化として残っているといっても過言ではありません。
本当につらい出来事です。宿澤広朗さん、上田昭夫さんと若くして日本のラグビー界を背負ってきた指導者たちがこの世を去っていきました。
今年は千代の富士さんも逝ってしまって、なんだか悲しい年になりそうです。
若き日のヒーローたちが次々と彼方へと消えていきます。ジェームスディーンのように...
私の人生を支えてくれた彼らにご冥福を祈ります。また、会いましょう。

2016年10月1日土曜日

Ending Note

自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのこと。
50歳を超えた方は用意しておいた方が、後始末をしていただく方の負担を減らすことができるでしょう。
私もそう遠くないであろう終末に備えて、記しておこうかなと思っています。

エンディングノートの構成・項目は大体以下の通りです。

・自分について
(生年月日・家系図・学歴など)
・親族や関係者の情報
(関係について・住所・電話番号・葬儀告知の有無)
・介護・治療について
(告知はしてもらいたいか・終末治療の希望・臓器提供や献体)
・資産について
(銀行の口座・カード・その他金融資産)
・葬式とお墓について
(何人くらい呼ぶか・宗派・どこでおこなうか・予算・喪主は誰・など)
・遺言的な内容(注:エンディングノートに書いても法的効力はない)
(相続や土地の相続について)
・残された人へのメッセージ
・PCやネット上の情報について
(メール・SNSなどのアカウント・PCデータの処分方法)

一番大事なのはやはり資産に関することなりますかね。所有口座やパスワードの情報をどういう形で残しておくかですね。
あの世にお金は持っていけませんので、私としては、生きているうちに自分や人に役に立つような使い方をして
ほとんど残らないようにしたいものです。
皆さんはどのようにお思いですか?