Menu

2016年3月21日月曜日

Evidence

最近はビジネス用語にもなってきています。私の会社でも知らない間にあちこちで「エビデンス」を流用して業績に貢献させようとしています。(エビデンスの用語を一般的に広めたのは、KAPPAさんだと思います)

下記グラフたちは過去において株式投資の優位性を証明している例です。また、その株式の中でサイズの小さい、割安なそれがより優位性をもっていることがエビデンスとしてあります。これらは偶然の結果だとはとても思えないです。
しかし、いくらこのエビデンスがこれからも継続すると信じても、これから資産運用を始める人たちは、いきなり株式(特に個別株)に全資産を投入することはやめた方がいいと思います。もしそれがうまくいったとしても・・・。

超長期の株式優位性のエビデンス


過去30年の株式優位性のエビデンス













割安株の優位性のエビデンス













サイズの小さい株式優位性のエビデンス



信じるも信じないもあなた次第だ。
未来はわからない。

0 件のコメント:

コメントを投稿